運動不足解消に活動量計 | HJA-311 / オムロン


健康診断の数値が前年より悪かったので、活動量計を衝動買い。タニタのものとも迷ったがオムロンのHJA-311に。早速、”わたしムーヴ” (ウェルネスクラブ) に登録してネットと連動させ使っているけど、思っていたより刺激になってよかったかも。

OMRON HJA-311 
OMRON 活動量計 HJA-311

初めは歩数計でも買ってみようかと探していたところ、やはり活動量計にしようかとタニタやオムロンあたりでパっと探して、カロリズムもあったけど今回はオムロンのHJA-311に。最近はPCやスマホのアプリで管理できるので、オムロンにすると他の健康系測定機器もオムロンにしたくなってくる。同時期に出たHJA-312という機種もあり端末や色はそちらのほうがかわいかったけど、どちらかというとジョギングやウォーキングの目標値に向け進める人用だったので、普段の生活の中で活動量を意識したいという自分の使い方だとHJA-311かなぁ…とこちらを選択。併せて、データをUSB送信するためのトレイ HHX-IT3も購入。

活動量計でいえば、睡眠系の機能が付加されているものが出てきていたり、巷ではリストバンド型の UP by Jawbone が話題みたいだけど、選ぶなら Nike+ Fuel Band のほうがよさそうなものの、自分はそこまでお金をかけるつもりもないので、もう少し出すなら fitbit one かな。でもまぁ、デザインよりはコスパ&実用性重視の製品と考えているので、自分には今のところこれで充分かな。

OMRON HHX-IT3 ウェルネスクラブ

設定はいたって簡単。ウェルネスクラブに機器登録し、年齢や身長/体重、目標値などをネットで入力しいけば、後はUSBトレイに置いてウェルネスクラブに転送するだけ。14日間は本体のメモリにデータ保持してくれるので、毎日転送する必要もない。(本体表示は7日間) そのうちデータが蓄積してくると、簡単にレポートしてくれるようだ。android用には “ゆるぴかダイエット” というアプリがあって、こちらもNFC/FeliCa経由で簡単にデータを送信してスマホで管理することができる。(ドコモの “わたしムーヴ” に統合される時に、引き継ぎデータや通信トラブルがあったようで評価が… –;) 主に気になる数値は消費カロリと歩数ということだろうけど、目標値をクリアしたくなる単純な自分。まぁ、こういう人間が多いから成り立っているのか…

軽い気持で手に入れた活動量計だけど、もっと動こう、歩こうという気にさせてくれて、思っていた以上に効果がありそうな気がする。そういう意味でも良い買いモノだったかな。アメリカでも日本にいる時でも、最近運動量がかなり減ってきていると感じてはいたので、これから夏の暑さにも負けず汗をかいてみたいと思う。目標は取り敢えずは3kg減ということで。あぁぁ、健康グッズの市場ニーズが実感できるような年になってしまったか… (^^;

OMRON 活動量計 HJA-401F

■ 追記
使用1ヶ月を越えたところで、チノパンにクリップをかまして体との間に挟み歩いていたら、しっかり閉まっていなかったみたいでいつの間にどこかで紛失。同じものを買い直すのも悔しいと考えていたところ、新製品の HJA-401F が出たので買おうか考え中。階段上りや早歩きの歩数表示が増えてやや進化したようだ。

今回の買いモノ満足度 →