ブックシェルフスピーカーを選ぶ | Quad S-2

B&Wのブックシェルフ2世代ののち、DALI MENUET, Wharfedale Reva-2, 本命FOCAL Aria 906などと比較し、結局はイギリスからQuad S-2のピアノブラックを個人輸入。結果的にはAriaや以前のCM1より良い選択だったと満足している。

Quad S-2 
Quad S-2 / 2-way bookshelf speaker

まずは、最終候補3つのスペックを…

        ■ Quad S-2 ■ Quad Z-1 ■ Focal Aria 906
方式 リアバスレフ バスリフレックス フロントバスレフ
高域 12x45mm リボン 12x90mm リボン 25mm アルミ/マグネシウム
低域 125mm ケブラー 150mm ケブラー 165mm FLAXファイバー
能率 87dB 86dB 89.5dB
周波数 48Hz-22kHz 56Hz-20kHz 55Hz-28kHz
クロスオーバー 3kHz 3.4kHz 2.8kHz
インピーダンス
寸法 330x180x260mm 383x219x283mm 390x225x250mm
重量 6.1kg 6.5kg 8.5kg

中では一番古いのもあるけど、ネット上の情報はAriaが一番多く、概ね好意的なレビュー。Z1のバスリフレックスに比べ、S2のリアバスレフはセッティングにやや気を遣うもののなんとか音はまとまりそう。スペックからすると、小さめな音で聴く機会もある人はZ1よりS2のほうがよさそう。ウーハーのサイズは12.5cmと一番小振りだけど思ったより低音は出ていて、10畳程の部屋のサイズでも十分。出力音圧レベルは87dBとそこそこ満足できるレベル。

Quad S-2

クオードSシリーズの特徴であるリボンツイーター。これまで使ってきたB&WのCM1の高音は嫌いじゃなかったけど、これが高音だと主張している感があった。S-2はリボンであることを感じさせない自然な高音。これはミッドレンジとのバランスを考え、リボンなのに高域を22kHzと抑えているおかげのようだ。ブックシェルフなので低音は芯までドンとは響いてこないけど、その分キレがよくタイト、だけどウエット寄りな響き。ジャンル的にはそつなくこなすけど、挙げるならヴォーカル、クラシック、ジャズが得意。総じて、低域から中域、高域まで、どの領域も引っ込みを感じさせないバランス。ちなみにAriaは、試聴でオケものを聞いている時に低域が埋もれ気味なのが気になった。

Quad S-2 

“made in china” は好まないけど、中国製でもブランド力が大事な分野なのでさすがにそれを落とすような作りではなし。バイワイヤのターミナル端子部はQuadの80周年記念の文字が入った2016年生産の期間限定モデルで、バナナプラグで接続しているけど、今後様子をみつつケーブル、圧着タイプのYラグ端子なども考えようかと。部屋の配置から今は大理石上にインシュレーターとスパイク受けという設置なので、スピーカースタンドは要検討。

粒子も細かく解像度もあり音の拡がりもよし。艶や色気はフォーカルに譲るものの、英国らしく正当派だけど尖りすぎず優しい響き。変な色付けがないのでソースが悪い時はごまかせないけど、音源がよければ素直に引き出してくれる。自分の環境下では音のバランスが素晴らしく、これから部屋で過ごす時間の良きパートナーとなってくれることだろう。→ その後鳴らし込んだけど、かなりのお気に入りです。。。

※ 2017年の stereophile.com のレビュー は “Absolutely recommended”
  2016年の What Hi-Fi? のS1のレビュー は 5つ星

今回の買いモノ満足度 →