血圧計を選ぶ | オムロン HEM-7281T 購入レビュー

親の使っている上腕式血圧計が10年以上経ってヘタってきているように感じたので探す。パナソニックやシチズンもチェックした上で定番のオムロンに行き着いたものの、例によって型番がたくさんありすぎてどう比較したらいいのかわかりづらい印象。

オムロン上腕式血圧計 HEM-7281T 

OMRON HEM-7281T | オムロン 上腕式血圧計

以前使っていたのは、手首式血圧計が物足りずに買い換えたアームイン式の HEM-1020。腕を入れるだけなのでそこは楽なものの、特に高齢者は前傾になりがちで姿勢が保ちにくいので、今回はオムロンの腕帯がカフタイプのものから探す。フィットカフとeーフィットカフがあり、測定時の締め付け精度はe-フィットカフのほうが柔軟そうだけど、装着のしやすさ自体は両者に大きな違いを感じず。カフが消耗したときも買い換えが安く済む。

オムロン上腕式血圧計 HEM-7281T

他の比較ポイントとしては、

・スマホに送信してデータ管理するか
・本体メモリの人数と回数

最新モデルは測定値がダブル表示で比較できるものもあるけど、そこまで必用だとは思えず。アナログな親なのでスマホ管理とは無縁と思ったものの、bluetooth付のダークネイビーのモデルはバックライト表示で見やすそう。と探している中、流通経路の違いでほぼ同じなのに型番が違ったりと似たようなモデルが多く比較が面倒。が、ネット上のマニュアルPDFをみると、いくつかの型番でひとまとめにしているようなので、これらのモデルは機能は全く同じか、メモリ人数/回数が違ったり、ACアダプタが付属していないといったちょっとした違いで、基本部分は同じということでいくつかに絞ることができた。

第1候補は、通信なしでメモリが1人x60回のHCR-7106。メモリ2人x100回のHCR-7201、流通経路違いのHCR-7202、ACアダプタ付のHCR-720K と4モデルに同じマニュアルが同梱されている。第2候補としてバックライトの HEM-7281T。流通経路違いの HEM-7282Tと同一モデル。型番の最後に “T” があるものが通信機能付。現行モデルはHCR始まりだけど、世代前のHEMでも基本性能に大きな差はなさそう。

HCR-7106やHEM-8713あたりでも十分だったものの、別売りのACアダプタの分を加えると価格差は2,500円ほど。通信機能は不要とも思ったけど、結局4年前の上位モデルで価格もこなれてきていた HEM-7281T を購入。気にしていなかったけど、”MADE IN JAPAN” の表記あり。

オムロン上腕式血圧計 HEM-7281T

オムロンコネクトをインストールして登録。1つのアプリで2人分管理できるといいけど、1人1アカウントということで、2人目を管理するには別のスマホが必用というヘルプ説明が。まぁ、それはそれで混同しなくていいのかな。本体側では一括削除しかできないけど、アプリ上なら個別データの削除可能。

オムロン上腕式血圧計 HEM-7281T

フィットカフはある程度丸く型作られているのでそこに上腕を合わせる。

オムロン上腕式血圧計 HEM-7281T

で、巻いてベルクロ/マジックテープで固定。片手で苦労することもなさそう。

オムロン上腕式血圧計 HEM-7281T

お試し単三電池が4本付属。手持ちの充電池を入れたところ使うことはできたけどそこまで長持ちしなそうなので、時刻維持以外の用途で電池利用することはないだろう。ちなみに、1w単位のワットチェッカーで測ったところ、待機電力は1w以下、記録呼び出しで数値をチェックしたときも1w以下だった。

■ 機能ポイント
・2人分の測定結果をそれぞれ100回記録 → 1日2度計測と考えていたけど、多く測っても100回くらいあると安心
・測定中の会話や体動をチェック
・測定中に脈が適切に検出されていないか不規則脈派チェック
・Bluetoothでオムロンコネクトアプリに転送管理
・カフが適切に巻かれているかチェック
・10分以内に測った3回の測定記録の平均値を表示できる → 普段と数値がかけ離れていたりするともう1度と測ってしまうだろうから、これはいいかも…

■ pros (ポジティブ)
・HEM-1020と違い、オンボタンで同時に計測ができる
・2人分のメモリの切り換えはハード系スイッチなので使う人側に固定しておける
・測定ボタンを押すと登録した誕生日が表示されるので番号の間違えに気付きやすい
・オムロンコネクトで管理することにより測ろうという動機付けになる
・腕帯がヘタったら交換できる
・バックライト表示で画面が見やすい

■ cons (ネガティブ)
・本体の記録の呼び出しボタンなどが高齢者には小さい&押しづらい → 現行型のHCRは押しやすくなっている
・本体が小さく軽くなったので、親がカフを付けたまま立ち上がって落としたりしないか?
・ACアダプタ利用でも電源をはずすと登録時刻が消えてしまうので、維持には電池が必用

ちなみに以前のモデルと続けて計測してみたところ、誤差は許容範囲。前のように腕を通すだけという簡易さは失ったけど、結局通信機能があったほうがよかったと思え、プラス部分のほうが大きく概ね満足な買いモノだった。

買いモノ満足度 (5星中) →

このコンテンツに関連する記事