オカムラのフィノラに座る – Finora 購入レビュー

デスクチェアでも買い換えようかと高価格帯のものを探す。以前使っていたものは4万円程のものだったので、10万円クラスあたりがいいかなと定番のエルゴヒューマンプロも試座したけど、いまひとつでオカムラのコンテッサ セコンダバロンサブリナシルフィーあたりを試し、スリム感もあり座メッシュが選択できるオカムラのFinoraに。

オカムラ フィノラ finora 

okamura – Finora / オカムラ – フィノラ | オフィスチェア

ヘッドレスト、可動肘、仕上げ、カラー、ランバーサポート、ハンガーなど数千種のカスタマイズができるフィノラだけど、基本部分が決まってしまえば迷うのはカラーくらい。ダークグリーンと迷ったけど、無難なダークグレーにしたものの、もう少し遊びがあってもよかった。自分はヘッドレストありのエクストラハイバックタイプで、価格はポイント換算込で14万円(税込) くらい。

オカムラ フィノラ finora

後ろ見下ろすとこんな感じ。パネル色はメッキ調やホワイトもあり少し迷ったけど、オフィスでもないのでブラックに。なかなかスタイリッシュでお気に入り。もちろん、エルゴノミクス/人間工学に基づいた設計なので、体系に合わせた細かな調整ができる。

オカムラ フィノラ finora

左座面下にある調節レバー。前が座の奥行きで5cmの範囲でスライド。後ろはリクライニングで23°と結構傾けられる。固定しなければフリーな状態にもできる。アンクルチルトリクライニングと呼ばれる、背と座がシンクロしてスライドするシンクロロッキング系で自然な姿勢をサポート。

オカムラ フィノラ finora

右座面下前は、座の上下調節でいわゆるガス圧的? に上下できる。高さは42〜52cm。最低高が数センチ高いチェアもあったりするけど、42cmくらいの低さからなら問題ないだろう。後ろはレバーをスライドさせたリクライニングの強度を調節できる。ある程度硬めにしておけば、リクライニングの位置固定をしないほうが快適な場合も。

オカムラ フィノラ finora

フィノラの背面を一番手前にしてみたところ。初めは前傾チルトできるチェアがいいかと思っていたけど、自分的にはこれくらいで十分。

オカムラ フィノラ finora

一番深くリクライニングさせるとこんな感じ。熟睡するのが目的でもないので、リラックスするには十分。アンクルチルトリクライニングで座メッシュの背側が沈みこんでいるのがわかる。

オカムラ フィノラ finora

ヘッドレストは上下10cm、前後に35°の調整が可能。非メッシュなのでやや迷ったけど、ある程度後ろにリクライニングさせるとき以外は出番なし。逆を言えば、リクライニングでリラックス姿勢をとることが多い人には必須。まぁ、デザイン的にもすっきりするし迷ったときはなしでいいのかも。

オカムラ フィノラ finora

固定のデザインアームもあったけど、可動調整のアジャストアームに。肘掛け裏のボタンを押すと上下が10cmの範囲で調整できる。加えて左右内側に20°、外側に10°の角度調整ができて、さらに前後方向に5cm、左右平行方向に2.5cmの調整ができる。アジャストは便利だけど、左右前後の可動部は、この肘部を掴んでイスを寄せ動かそうとしたりするとすぐ動いてしまう。調整しやすさへのニーズもあるんだろうけど、位置がもっとしっかりロックされてもよかった。まぁ、物理的にルーズになってこなければよし。アーム部分の素材は硬めのクッション感があり、腕を置いた感触は悪くない。

オカムラ フィノラ finora

ハンガーはいらなかったけど、ランバーサポートは迷った。というのも、コロナ禍で赤坂のショールームもクローズしている時期だったので試すことができず。今のところ腰に大きな不安を抱えていないのと、自分で後付けもできそうなので取り敢えずなしで。前の安イスについていた簡易サポートを付けている。前のイスでは機能しなかったけど、Finoraにはマッチしていそう… (笑

自分は175cm/62kg。姿勢良く座り肩口がフィノラのヘッドレストの下の本体背面上部より10cm弱程飛び出るくらいで、背中上部を背面メッシュで支えてもらうことはないのでサイズ感は問題なし。オカムラの商品写真で座っている人も、自分と同じくらいの座高に見えるし丁度よさそう。180cmを越えたり横幅がやや広めの人は要チェック。あと、座メッシュに拘らない人は、オカムラは異硬度クッションのほうが優秀という評判も。

価格差は少しあるけれど、ジウジアーロ・デザインのフィノラを眺めていると、エルゴヒューマンプロにしなくてよかったと所有感に浸れる。特にアーロンチェアやエルゴなどの存在感がありすぎるチェアと比べ、フィノラで部屋がすっきりスマートに感じられるようになった。加えて、アーロンチェアやスチールケースなどの高級チェアに比べ、日本製のおかげなのか造りがしっかりしていて安心感が得られ満足。

買いモノ満足度 (5星中) →