Nexus 7 (2013) に理想のケースを見つけた!


先日から会社から降ってきたNexus 7のLTEモデルを使っている。個人的にはずっとMac OSやiOSのアップル系を使ってきたけど、androidも慣れると結構便利。まぁ性能やアプリ関連などは他でも詳しく紹介されているので、いくつかの周辺グッズなどを…

nexus 7 LTE 
CLUTCH FIT mini / 幡ヶ谷カバン製作所 w/Nexus 7 2013

2012年にデビューした7インチタブレットがNexus 7で、2013年モデルは容量が16GB/32GBのwifiモデルと32GBのLTEモデルの3種類。LTEモデルはsimフリーで、MVNO (Mobile Virtual Network Operator)と呼ばれる安価なLTE対応のmicro simカードが使えるので人気があるようだ。ただし、Nexus 7のLTEモデル自体がFOMAのプラスエリアなどの帯域に対応していないため、現状でMVNO利用できるのはドコモのLTE網のみということになる。自分は日本では常時使うわけではないので、OCNモバイルONE、またはiijのサービスに申し込む予定。利用状況に応じて翌月のコースを変えられるのはありがたい。

Homu Homu TPU case 

本体の保護として液晶保護シートはマイクロソリューションズの “プロガード” を。防指紋撥水撥油高光沢フッ素フィルムとあるけれど、気になるほどではないもののある程度指紋が目立つのは仕方なし。初めケースは、スリープオフのために電源ボタンを押す面倒から解放されるべくマグネット式のスリープオフ/オン機能に対応しているpoeticのスリムラインを使っていたけれど、本来はジップを開ける必要のないスリップインタイプのケースで気軽に出し入れしたほうが使いやすそうだったので、日本で面白いものを見つけたという同僚にのって、本体まわりにHumu HomuのXラインの “TPU素材ケース” を、出し入れするのに幡ヶ谷カバン製作所の “CLUTCH FIT mini” というスリーブケースを購入してきてもらった。

CLUTCH FIT mini
※ ケースから出すとスリープオフ、ケースの上にこのように置くとスリープする。そして持ち上げれば解除。

このケースは3つ折にして本体スタンド代わりにもなるし、折りたたんだ時の固定用に下1/3の範囲あたりに弱い磁石が仕込まれているため、偶然にもこれがNexus 7のスリープ機能に反応し、ケースから取り出す時に電源を目覚めさせてくれる。おまけに机の上に敷いておけば持ち上げるとスリープ復帰するので電源ボタンを押す煩わしさから解放されてこれは便利。サイズも邪魔にならないし内側もソフトスエード生地で保護されており日本製かは不明だけれど丁寧な作りもOK。シンプルで理想的なケースを見つけられてよかった。手軽に使いたい人にはおすすめです。目覚めが悪いこともあったけど、Android 4.4 “KitKat” になってからシャキっとしました。

130921e.jpg MR3-C004 SD card reader/writer
幡ヶ谷カバン ストライプ柄ケース     ELECOM MR3-C004 SDカードリーダーライター

やや変わった向きにはストライプ柄のものも。そしてついでにUSB micro → USBの変換ケーブルとSD系対応のカードリーダをゲット! ちょっと黒ずくめ状態だったので、装着していると赤がポイントになっていいかも…

※ このコンテンツ中の商品

今回の買いモノ満足度 →

※ このコンテンツに関連する記事