HAP-S1に外部アンプ→マランツのHD-AMP1を…

3年以上HAP-S1をスピーカーの直つなぎで使ってきたけど、ずっとアンプ部の物足りなさを感じてきた。そしてついに2016年の神アップデートでUSBデジタル出力に対応してくれたのを機会に外部アンプの導入を検討。いくつかの候補の中からHypex社のスイッチングアンプを採用したマランツのHD-AMP1を購入することに。

marantz HD-AMP1 
marantz – HDーAMP1 [USB-DAC/INTEGRATED AMPLIFIER]

ソニーのHAP-S1からUSBデジタル出力でHD-AMP1に。DSDをネイティブ出力させるため設定でDoP (DSD over PCM) をオンに。そこから Quad S-2 で音出しする流れ。HD-AMP1はアナログ入力も悪くないので同時に接続。その場合、DACはHAP-S1側のものを使うということになる。HD-AMP1とHAP-S1はDSD 11.2MHzまで対応しているけど、HAP-S1のUSBデジタルの出力は5.6MHzまでしかできないの。現状DSD128 (5.6MHz) のファイルはいくつか持っているけど、、DSD256 (11.2MHz)の音源は容量を食いすぎて余程でないと扱うことがないとは思うので…

※ 44.1→88.2、48→96 と表示されるが、HAP-S1のUSB出力が正式対応を謳っている製品ではないので、表記上の問題だけかと思われる。

marantz HD-AMP1

設定では通常Sound Directをオン。ブックシェルフのスピーカーでもアンプのBass/Trebleを介さず満足のいく音の厚みが得られる。HD-AMP1はシンプルなので、他にはディスプレイの照度を下げたのと、無作動状態で30分経過したらオフに設定したくらい。フィルターは2種あるのでその時の気分で。あと、HAP-S1のヘッドホンの音質は最低だけど、HD-AMP1はヘッドホン専用の同社 HD-DAC1 には及ばないものの専用アンプを搭載しているので、これくらい鳴ればヘッドホンでも聴いてみようかと思える。

marantz HD-AMP1

端子やノブなども高級感があり、所有欲を充たしてくれる。HAP-S1で完結させていた時は、パワーをオンにしてアプリで操作するだけだったので、HD-AMP1をオンにしたりボリューム操作する手間は増えたけど、補って余りある満足感だった。ワットチェッカーで測ったところ、自分の聴き方だとHD-AMP1の消費電力は30W程度だった。このプラス分はデスクライトをLED化した分と相殺ということで…

marantz HD-AMP1 

さらに興味がある方は、ぜひこのあたりを読んで欲しい。
マランツの澤田氏“最後の作品”。「HD-AMP1」開発秘話 – PHILE WEB

今回の買いモノ満足度 →