(改) さようなら、グリーンダカラ!| DAKARA


夏になると冷蔵庫の中がスポーツドリンク/機能性飲料主体になる。むか〜しのポカリスエットやアクエリアスから始まり、アミノ系飲料で夏x2くらい過ごした後、DAKARAを夏x2くらい試して、ゼロカロリー系もかじってはみたけどどうも甘みがしつこく、今夏からは GREEN DA・KA・RA に。

グリーンダカラ

レギュラーのDAKARAとの違いは、グレープフルーツ、レモン、ゆず、はちみつ、さとうきび、トマト、果糖、食塩、アロエ、海藻、黒ごまと全部で11種類の素材 (現在はこれに甘夏、文旦、シークワーサーを加えた14種)。これと純水だけで作られたのがグリーン ダカラ。2Lボトルには、

■ 栄養成分 (100mlあたり)

エネルギー : 17kcal たんぱく質 : 0g 脂質 : 0g 炭水化物 : 4.4g
ナトリウム : 40mg カリウム : 11mg カルシウム : 0.2〜1.0mg
マグネシウム : 0.2〜1mg
—————————————————–
アミノ酸 : 5〜20mg ぶどう糖 : 300mg クエン酸 : 100mg リン : 1mg未満

■ 栄養成分 (100mlあたり) ※ 2016年5月発売 新グリーンダカラ → 改悪??

エネルギー : 19kcal たんぱく質 : 0g 脂質 : 0g 炭水化物 : 4.9g
ナトリウム : 40mg カリウム : 11mg
—————————————————–
アミノ酸 : 0.5〜5mg ぶどう糖 : 200〜700mg クエン酸 : 140mg

とある。ちなみにダカラのほうは…

■ 栄養成分 (100mlあたり)

エネルギー : 17kcal たんぱく質 : 0g 脂質 : 0g 糖質 : 4.2g
植物繊維 : 0.62g ナトリウム : 0mg ビタミンB6 : 0.2mg
ナイアシン : 2.2mg カルシウム : 20.1mg マグネシウム : 6.8mg
カリウム : 47.7mg ショ糖 : 0g

と表記されている。

気になったのは、熱中症対策と考えた場合ダカラにはナトリウムが含まれていないこと。グリーンダカラのほうは40mgと基準を満たす含有量で、日本学校保健会推薦の熱中症対策飲料のお墨付き。他にも機能性飲料はたくさんあるけど、ナトリウムの含有量が少ないものもあるのかも。ぶどう糖や果糖も腸の水分の吸収力を高め、より早く高いレベルまで症状を回復させるらしい。サイトの説明中に、”WHOとUnicefの資料に、脱水症状に対処するためには飲料の浸透圧が200〜310mOsm/Lの範囲であることが望ましいとあり、GREEN DAKARAは310mOsm/Lに調整した” とあり。

食品に記載されているナトリウムとは、大抵の場合塩化ナトリウムのことで、約2.5倍が塩分の相当量になるようなので、40mgということは100mlあたり0.1gの塩分が含まれていると考えればいいのだろう。

■ スポーツドリンクのエネルギーとナトリウム含有量 (100mlあたり)

ポカリスエット (25kcal/49mg) アクエリアス (19kcal/34mg)
アクエリアスゼロ (0kcal/40mg) アクエリアスビタミンガード (17kcal/39mg)
エネルゲン (24kcal/49mg) スポーツサプライ (15kcal/59mg)
ビタミンウォーター (18kcal/16mg) スーパーH2O (13kcal/26mg)
アミノサプリC (16kcal/23mg) アミノバリュー4000 (18kcal/49mg)
ダカラ (17kcal/0mg) グリーンダカラ (17kcal/40mg)

GREEN DA・KA・RA 

糖分や塩分のバランスもよく、今夏のわが家の2Lボトルに決定… というわけで迷わず箱買い。キャップに記載されている賞味期限は新しいもので8ヶ月先くらいなのである程度まとめ買いを基本で。

※※※ 追記
2016年5月のリニューアルで、天然成分が14種から5種に、栄養成分もマイナス、味もなんか人工的になってしまった。ということで、新グリーンダカラへの移行を見送り。新しい機能性飲料探しが始まる。今年の夏も愛飲できるかと思っていたのに、グリーンダカラよさようなら。。。