万年筆選びで プラチナ #3776 センチュリー にたどり着く

当然のように字を書くという行為が減っている今日この頃、漢字も忘れがちだし数が減った年賀状で少しは文字をと思っても字がヘタすぎてがっくり。と、万年筆でも買ってみようかと思い立つ。

PLATINUM #3776 

プラチナ万年筆 #3776 センチュリー | PNB-10000

初めはLAMY/ラミーの安いラインあたりを考えたものの、もう少しいいものをと国産のパイロットかプラチナあたりを探す。手に入れたとしても、どれだけ使うかわからず… というわけで、決め手はプラチナの「スリップシール機構」。インクの乾燥を極力防いでくれるようなので、長らく使わなくても安心できそう。(キャップがネジ式になるので、ギザギザの部分が気になる人は気になるみたいだけど、自分は特に違和感を感じず。) 14金のニブも大きめでニヤッ。

PLATINUM #3776 PLATINUM #3776

で、レビューをチェックしたり、先輩をけしかけ人柱になってもらったりして、自分は試す機会もないまま注文。ちなみに先輩は細軟のブルゴーニュを (自分の中字を試した後太字のブラックも追加購入)、自分は中字のシャルトルブルーを購入。会う機会に互いの新しい相棒と転がっていたプラチナの細字を持ち寄り、11ミリ罫の便箋に試し書き by 先輩。

プラチナ - 中字 細軟 細字 

これくらいの幅があれば中字でも潰れると感じることはないけど、7ミリ罫あたりだとやや怪しく、自分の感覚では8ミリ罫あたりまでが中字の程よい下限かなといった感じ。万年筆としては、ふたりとも中字が “らしい” 書き味ということで一致。弘法筆を選ばずとは下手くそも同じで、ペンによって字が上手くなるわけではないけれど、書く動機にはなっているので徐々に上達していければ。。。

今回の買いモノ満足度 →

※ その後、先輩が #3776の太字も購入したので、細軟と太字の比較を。11〜12ミリ罫に書いたところ太字はとてもマッチしているということだった。

プラチナ #3776  - 細軟 太字