フローリングワイパーはハイマジック 3Dがグッド!!


フローリングワイパーがヘタってきたので探すことに。この手のものは伸縮可かどうかというぐらいしか大きな違いがないと見えたけど、一応レビューを見たり、ホームセンターを回ったりとチェックしてみる。まぁ、結局は使ってみないとわからない部分が多いようには思う。

山崎産業 コンドル ハイマジック3D マルチワイパー
CONDOR ハイマジック3D マルチワイパー 300 | 山崎産業

伸縮式はやはり力を入れると不安定といったレビューがちらほらあったけど、購入後感じたことは、山崎産業のハイマジック3Dはゴムが波形構造になっていて、百均のペーパーを使ったときなどでも床への密着感が程良く拭きやすいので、力もそれほどいらないとうことで伸縮タイプでも使用中縮んでしまうこともあまりないように思えるけど、収納はそれほど気にしなくてよかったので自分はより安定の1本タイプを選択。長さは112cmで175cmの自分にも使いづらいことはなく、収納を考えるとこれくらいの長さでいいと思う。

山崎産業 コンドル ハイマジック3D マルチワイパー 山崎産業 コンドル ハイマジック3D マルチワイパー

で、このハイマジック3Dは、フローリングワイパーマルチワイパーがあり、違いはマルチワイパーのほうは先端部分を外して、モップなどに交換できるということ。ペーパータオルなどと同じように4箇所の穴に固定タイプの、水拭き用のマイクロファイバーも付属してくるけど、先端部分を外すとマジックテープがついていて、別売りのモップなどと交換できる。自分が選んだのはウェットモップ300

山崎産業 コンドル ハイマジック3D マルチワイパー 山崎産業 コンドル ハイマジック3D マルチワイパー

まぁ、こんな感じで簡単にくっつけて使うだけ。ただ、壁や窓拭きなどに使わないならわざわざ先端を外して付け替える必要もなく、モップを上から押さえつけて軽く拭けば床用としては事足りると思うけど。

山崎産業 コンドル ハイマジック3D マルチワイパー 山崎産業 コンドル ハイマジック3D マルチワイパー

で、柄が長めのほうきも欲しかったので、そちらはホームセンターのカインズのものが使いやすそうだったので購入。用具が新しくなると掃除指数が増すので、それが一番よかった。

今回の買いモノ満足度 →