スターサーバーに乗り換え1年経過

さくらインターネットのスタンダードプランからスターサーバーのライトプランに乗り換え、1年が経過した。その間1度だけ軽佻なトラブルがあったような記憶があるけど、他は特に問題なし。自身のサイト規模にあったサーバーだと思っている。

Star Server

移行したメリットとしては、自分の使い方に適正な範囲でコストが安くなった。運用しているのはこのブログだけだし、アクセスも200/日いけば多めかなというくらいなので、やや少なめかと心配していた転送量 (その後転送量は大幅アップ) も大丈夫だろう。サポートが心許ないというのはあったけど、難しいことをやるわけでもないので、費用対効果を考えれば満足。

デメリットとしては、MySQLに余裕があればアクセス解析用に使いたかったけど、1つだけなのがやや不満。まぁ、もう少し本腰入れたくなったら、追加料金を払いスタンダードプランに変更すればいいし。あと、メールフィルタが、アドレスの文字列やドメインでの拒否はできるけど、タイトルだったり文中のワードをNGワード登録することはできない。このあたりはサーバー負荷や暗号化の問題なのかわからんけど、改善して欲しい。

Star Domain

ちょうど更新時期だったので振り返ってみたけど、自分の使い方では大きな不満もないのでしばらく続けてみようかと思う。これまでは同じプランは一律料金だったので半年更新にしていたけど、先日から3ヶ月〜3年という選択肢が増え、長期のほうが割安なのでどれにするか悩む。1年だとこれまでの月料金と変わらないのでここかな。スタードメインで1年更新して得た519ポイントを差し引いて2,781円。さらにキャッシュレス5%還元事業者なので2,642円ということで、1年契約で月額約220円(税込) は十分ありかと。。。

※ その後、回線を大幅強化。ひと月あたりの転送量の目安が、ライトプランは 150GB→2,500GB/月、スタンダードは 300GB→3,500GB/月 と大幅アップ。ただ、それによりヘヴィーなユーザーが増え快適性が悪化したらイヤだなぁ (様子をみていたけど特に問題なし)。まぁ、今のところ自分は旧目安量でも十分なくらいので…