iMacの背面ポートに延長ケーブル


iMac (2017) の21.5インチに換えてから、SDスロットまで背面になってしまったのでかなり使いづらい。デザイン優先ということなんだろうけど、ネットでも使いづらいという声は多い。で、USB3のSDカードスロット&ハブを探し始める。

USB 3.0 cable
belkin USB-C to USB A変換アダプター / AWINNER USB 3.0 延長ケーブル

初めはバスパワーでiMacにマッチした斜め挿しタイプののカードスロット&ハブを探していたけど、ELECOMのUSB3.0のカードリーダーを持っていたので、カードの取り込みはこれを介せばいいかと斜め差しか上挿しで4ポート程度のハブを探すことにした。ケーブルが短いタイプでマシンの近くに置くか、1mくらいの延長ケーブルでもつけてドローワーの上にセットするかと、エレコム U3H-S418BBKWavlinkAnkerあたりに絞ってみる。

USB 3.0 cable

現状iMacの背面の4つのポートでちょうど足りているのと、さらにUSB3.0のハブで無線マウスと干渉したという書き込みも見かけ、セルフパワータイプの給電が必要な機器をつけるわけでもないし、ここはUSB3.0の延長ケーブルのほうがシンプルでいいんじゃないかという考えに落ち着いた。長さ20cmの差込部分が縦型のプラグもあったけど少しは余裕を持たせたかったので、amazonで評価の高そうなUGREENの0.5mとレビューを読み比べAWINNERの0.5mのフラットタイプに。ケーブルが平形と丸型があり、取り回しは丸いほうがしやすそうだけど、差込部分はどうせうまく落ち着かないだろうし、耐久性が高そうな平形に。

USB 3.0 cable

同時にスマホ用にBelkinのUSB type-cオスとUSB Aメスの短い変換ケーブルも購入したので、SanDiskのUSBメモリを挿しベンチマークを比較したところ、読み込みはほぼ同じ、書き込みはなぜかiMac直挿しより速く、減衰の心配はなさそう。ケーブル長はUSB延長ケーブルが53cm、USB C-A変換ケーブルが14cmで、両者とも結構しっかりしている分取り回しは悪いけど安心はできそう。

iMac/AWINNER/belkin benchmark

今回の買いモノ満足度 →