2019年のハイレゾベストはド迫力締め

師走で今年のベスト的なものを挙げている人もチラホラ見かけるので、それに倣い2019リリースのハイレゾからいくつか。ロック、ポップ系あたりは、ハイレゾじゃなくてもまぁいいかな的なものが多いので、ジャズとクラッシックから5タイトルずつ挙げたいと思う。

Honeck - Bruckner 9 DSD 512

ジャズで今年のお気に入りは、

 Dave Holland, Zakir Hussain & Chris Potter – Good Hope [96kHz/24bit]
 Chris Potter – Circuits [88.2/24]
 Branford Marsalis Quartet – The Secret Between the Shadow and the Soul [96/24]
 Joshua Redman & Brooklyn Rider – Sun on Sand [88.2/24]
 Scott Kinsey – We Speak Luniwaz : The Music of Joe Zawinul [44.1/24]

一昨年も Anouar Brahem – Blue Maqams [96/24] がベストだったけど、デイヴ・ホランドが絡んでいるものは結構好きかも。今年はサックス絡みのトリオものをよく聴いた印象があるけど、ホランド、フセイン、ポッターと3人が揃えばそりゃ悪いわけない。もう1枚のクリス・ポッターはECMリリースのものから脱皮し弾けてすごい。Underground名義のものも好きだけどこちらのポッターも格別。ブランフォード・マルサリスは、最近はあまり聴いていなかったけどこのアルバムは彼らしさを感じられた。グラミー賞のBEST JAZZ INSTRUMENTAL ALBUMにもノミネートされているので期待したい。ジョシュア・レッドマンは、カルテットの “Comw What May” もよかったけど、聴き応えのあったこちらで。最後にnaryさんのブログ “Jazz & Drummer” の紹介で知った スコット・キンゼイのジョー・ザヴィヌルのトリビュート。アドリアン・フェローのベースも超絶で、アルバムも敢えてかっこいいという言葉が使いたくなるデキだった。

そういえば、昔NYでブランフォードとたまに出くわした時に撮った写真が結構あったなぁとアルバムを見返していたら、マイケル・ブレッカーと一緒のものがでてきた。

Branford Marsalis & Michael Brecker

 Christian Tetzlaff – Beethoven & Sibelius: Violin Concertos [96/24]
 Khatia Buniatishvili – Schubert: Piano Sonata D960 [96/24]
 Isabelle Faust – Bach: Violin Concertos [96/24]
 Andris Nelsons w/WPh – Beethoven: Complete Symphonies [96/24]
 Manfred Honeck w/Pittsburgh – Bruckner: Symphony No.9 [DSD 512]

クラシックからは、クリスティアン・テツラフのベートーヴェン、シベリウスのヴァイオリン協奏曲。若手指揮者のロビン・ティチアーティとの絡みも新鮮。カティア・ブニアティシヴィリのシューベルトのラストピアノソナタ。セクシーさが話題になることも多いけど、しっかりしたテクニックを持ち合わせていて、ここでも自在にテンポを操っている。イザベル・ファウストのバッハ。バッハやモーツァルトなどは好んで聴かないけど、彼女の3年前のモーツァルトのヴァイオリン協奏曲集も絶品だった。目立ちすぎず周りと調和するプレイスタイルは好感がもてる。ベートーヴェン生誕250周年を前に交響曲全集を発表したアンドリス・ネルソンス。ウイーンフィルの柔軟性と奏者の手腕が際立ち、リズム感を強調するよりは流麗さが特徴。ただし録音はもう少しがんばって欲しかった。最後にマンフレッド・ホーネックのブルックナー9番。そこまで好みのスタイルではないもののDSD 512の録音がものすごくて、音質に後押しされてど迫力。63分で20GBという容量は扱い難いけど、ここまでくるとアナログLPを越えた部分も多いかと。ハインツ・ホールは未体験だけど、幸いにも今年からピッツバーグでの仕事も増えたので、一度聴きに行きたいなぁ。

と、ほとんど参考にならないけど簡単に。DSDモノが少なめなのは寂しいけど、ハイレゾという観点からは、700タイトルを越えたコレクションの中でもトップクラスのクオリティと言えるホーネックのDSD 512で、十分満たされたかもしれない2019年だった。ハイレゾの配信サービスも出てきているけど、さすがにここまでのクオリティは望めないしな。