ロゴスのクーラバッグに行き着く | LOGOS


前々から車に乗せておくクーラーボックスを買わなければと思っていたので、年末にネットを漁る。ハードタイプのものを探していたものの、常時車の片隅を占領されるのも邪魔かなと思い直していたところ、ロゴスのクーラーバッグを見つけレビューの評価も悪くないのでこれに決める。

LOGOS 氷点下クーラー 
LOGOS|ロゴス 氷点下クーラー XL

コールマン、キャプテンスタッグ、イグルー、ダイワなどのハードタイプだと安価な発砲スチロール、さらに保冷効果がある発砲ウレタン、高価な真空断熱パネルといったようなものがあるようだけど、車での買いモノ時に気軽に使えて邪魔にならないといいなということで、アルミ蒸着のソフトクーラーに。探している段階で一番目についたロゴスの氷点下クーラーに。XLサイズは中身を詰めた時に結構重いかなと思ったものの、Lだと半分ほどの印象だったので小を兼ねるサイズ決め、割安だった倍速凍結氷点下パック XLx2 のセットを買うことに。

LOGOS 氷点下クーラー LOGOS 氷点下クーラー

バッグを箱から取り出しジッパーを開けたところ、配送された直後ということもあったけど、ひんやり冷たい空気が。これはある程度期待できそう。フロアフォームを底にセットし、保冷剤の氷点下パックをセットするとこんな感じ。詰め込めば2Lのペットボトルが8本ほど入りそう。まぁ、あまりパンパンに重くなりすぎてもいけないので控えめに。

LOGOS 氷点下クーラー LOGOS 氷点下クーラー

ジッパーを閉め持ち上げると当然それなりの重さだけど、素材が軽いので男性なら中長時間でなければ問題ないだろう。あとは耐久性がどうなのかということ。畳む時に常にジッパーをきちんと閉めると傷んできそうなので、車の中には締めずに置いておけばいいかな。汚れるようなら30L用のゴミ袋にでも入れておけばいいだろうし、インナーカバーはマジックテープで脱着可能なので洗浄可能。

LOGOS 氷点下クーラー 

多用しはじめるのは暖かくなってきてからだろうから、まぁその時にお手並み拝見だろうけど、いくつかのレビューを読んでいるかぎりではそれなりに活躍してくれることだろう。

今回の買いモノ満足度 →