Mac用にマウス探し / ロジクール m705t


iMacで使っていたレーザーマウスのサイドボタンの反応が悪くなったり、指の部分が擦れて穴が空いてしまったりしたのもあり、新しいマウスを探すことに。本当はBluetoosh仕様のものがよかったけど選択肢がかなり狭まってしまうのでそのあたりは妥協してロジクールのマラソンマウスに。

Logicool m705t mouse 
Logicool marathon mouse m705t

これまで使っていたマウスはMX-1100という同じロジクールの右利き用タイプ。画像で比較してもわかるように、新たにゲットしたマラソンマウス m705t よりひとまわり強くらい大きくやや重い。さらにボリュームボタンなどもあったけど使っていなかったので、ボタンは左右+スクロール系に親指のブラウザの進む+戻るの割り当てくらいで十分。ちなみに進む/戻るボタンの下部の印のところにもうひとつ隠れ親指ボタンがついていて、ここにもアクションが割り当て可能。

Logicool m705t mouse Logicool m705t mouse

レビューを見ると、裏のセンサー部の位置が中心よりズレているのが使いにくいという書き込みもチラホラあったけど、m705tでAdobe系のソフトなども使ってみてそのあたりの違和感は特になし。大きさも重さ、そして形状、フィット感はMX-1100に慣れたせいもありm705tはやや物足りないけど、使っているうちに少しは慣れるだろう。MX-1100は購入時8,000円近くしたと思うので、気になるならさらに小ぶりになるけどm950tあたりにいったほうがいいのかもしれない。

Logicool Control Center 

まぁクリック感とか電池のフタとか細々としたところはやや安っぽくはなっただろうけど、コスパ的には悪くないんじゃないかと思う。Bluetoothマウスならもう少しお金をかけてもよかったけど、バッテリーは “最大3年間の電池寿命” とあるので(単3アルカリ電池x2本付属)、普段使いの自宅用マウスには十分という意味ではおススめです。サポートソフトであるLogicool Control Centerが未だにYosemite対応を謳っていないけど、まぁ使えているみたいだからいいか。

今回の買いモノ満足度 →