ミラーレス用カメラバッグを探してみた


ミラーレス一眼体制も揃いつつあったので現時点でカメラバッグを探すことにした。基本はコンパクトに12-40mmズームと20mm単焦点、カメラ本体に、タブレット、その他備品などを入れられるくらいのサイズのショルダーで “っぽくない” ものを探すことに。

クランプラー カシュガルアウトポスト 
クランプラー カシュガル・アウトポスト [Crumpler – Kashgar Outpost M]

店をまわっていられなかったので、ネットで探し候補は3つに。初めに目についたthinkTANKphoto の “レトロスペクティブ5” は前ポケットにタブレットもしっかり入り、見た目もシンプルだったけど、消音できるもののベルクロでの開閉が気になり却下。候補筆頭だったドンケ/DONKE の “F-3X” はアメリカで買えば100ドルちょいと手頃で見た目も悪くなかったけど、やや大きくルーズすぎたり雨にもろ弱そうだったので却下。

カシュガルアウトポスト カシュガルアウトポスト

で、クランプラーは以前 “5ミリオンダラー” が気になったことがあったもののカラーリングが? と敬遠していたら、カシュガル・アウトポストを見つけMサイズを買うことに。オーストラリアのメーカーなのでアメリカより日本で手に入れたほうが安く、帰米直前に慌てて購入した。昔ならカーキを選んだけど、もう落ち着く世代なので地味めに… (笑

カシュガルアウトポスト M 内寸 カシュガルアウトポスト&タブレット

容量はこんなところ。実寸はヨコ24cm x 縦20cm x 奥行き13cm程。奥行きは下に向かって狭まる感じなので一番下は11cm程度だった。生地は伸縮性は少ないものの、詰め込もうと思えばこれ以上のサイズでも可だろう。GX7にm.zuiko 12-40mm、20mmの単焦点、で内部ヨコのスペースに備品。外部両サイドにペットボトルが突っ込めるくらいのスペースがあるので片側には取り敢えずメガネケースでも入れておこうかな。あとは前後にジッパー開閉のポケットあり。タブレットが入るというのは重要ポイントではあったけど、Nexus 7がヨコには入らないものの、はみ出してもケース付のままジッパーを開けた裏ポケットに突っ込んでおければと考えていたので。画像はわかりやすく外に出ている状態。バックル止めだけど内部も両側から2つのジッパーで閉めることができるのは便利。

カシュガルアウトポスト/サイドポケット カシュガルアウトポスト/レインカバー

ある程度しっかりはしているので型崩れはさほど心配なし。肩パッドもちゃんと役割を果たしてくれそう。生地もちょっとした雨は避けられそうだけど、加えてレインカバーが付属している。デビューさせたばかりだけど、使いやすそうでコスパ的にも満足。実物を見ないで注文してしまったわりにはしっくりきてよかった。ただ、やはり “っぽくない” カメラバッグ探しって難しい。。。

※ その後、バッグの中に入れるインナーボックスも手頃なお気に入りを購入。↓ ↓ ↓

今回の買いモノ満足度 →