ミラーレスに丁度いいインナーケース


カメラをバッグに入れる時はラッピングケースを使っていたけど、交換レンズまで入れる余裕がなかったのでインナーボックスの類を探すことに。無難にハクバかエツミのものとインナーソフトボックス 200をポチりそうになった時、クランプラーの “ヘブン” というインナーバッグが目に飛び込んできた。

CRUMPLER THE HEAVEN 
CRUMPLER THE HEAVEN (S)

当初探していたタイプとはやや違うけど気に入ったのでこちらを購入。S, M, Lの3サイズは、USのamazono.comこのあたりのレビューを見てサイズ感を確認。アメリカのレビューはこのカメラやレンズを入れてサイズはこんな感じと具体的に買いてくれる人が多く助かる。内寸はヨコが18cmにタテが8cmくらい。高さは上の閉じる部分を除いて考えると16cmほど。膨らんだりとやや伸縮性に余裕があるので数値以上に融通は利く。で、レンズ装着のGX7にもう1本入れたところ、大きすぎず使いやすいサイズに満足。クッションとしてはカメラバッグほどではないものの十分役目は果たしてくれそう。

CRUMPLER THE HEAVEN CRUMPLER THE HEAVEN w/GX7

仕切りは2枚付属。クランプラーのバッグは内側が暗いカラーじゃないので見渡しやすくていい。そして何人かのレビューにも書かれていたけど、裏側のポケット部分が小さくいまひとつ使い勝手が悪いのが残念。縫い目に合わせて両サイドがケーブル、中上段がSDカード、下段がレンズキャップを入れることを想定しているようだけどSDカードを裸で入れないし、ケーブル部分のふたつをまとめれば充電器ぐらいは入れられただろうに。せめてカードのポケットをひとまとめにしてくれれば… まぁ、もともとそのあたりは別袋に分けようかと思っていたので大きな問題ではないけど。

CRUMPLER THE HEAVEN 

それ以外の使い勝手は悪くなさそう。一眼レフならMかLだろうし、EM-1で使っている人がいたもののギリギリくらいだろうけど、GX7やE-P5あたりのミラーレスならボディ+レンズに交換レンズでSサイズがぴったりハマりそう。シンプルなインナーボックスよりはややかさばるかもしれないけど、THULEのスリングパックにはぴったり収まった。ブラック x グレー、グリーン、レッドの3色展開がかわいくおすすめです。。。

と思っていたら、3,000円で買えていたものがいつの間にか結構値が上がってしまっていたので、今ならエツミのインナーボックスでいいかも。

今回の買いモノ満足度 →